古都鎌倉
〜受け継がれた鎌倉浄明寺に建つ洋館〜

外観は自然素材ならではの存在感が堂々とした佇まい。

窓や玄関ドア、門柱の高さ、外構など、全てのバランスが、

オーナーさまの目指した“5つ星ホテル”のような品格を作り出しました。

 

車が緩やかなスロープで入れる、ゆとりあるエントランスは、

門柱は敢えて低くし、洗練られた雰囲気を醸しています。

 

リビングの色のコーディネートは打ち合わせを何度も重ね、

特にエコウォールは、白ベースのピンクベージュという独特な色合いです。

 

オーク無垢のフローリングや石膏モールディング、

ゴールドのレバーハンドルとの相性も、繰り返し試行錯誤。

グッディーホームズとしても初めてのカラーで、

シャコンヌらしい優美で格調高い雰囲気を演出出来た、楽しく貴重な時間でした。

 

トラディショナルな家具はダークな色調が多いため、

照明は少しモダンに、すっきりとまとめて。

 

空間がテーマごとに仕切られ、

ただ美しいだけではなく人との時間を豊かにし、

暮らしそのものを楽しむ心をコーディネートしています。

 

階段の上の壁にはアイアンの埋め込みがあり、リビングからの光が差し込みます。

欧州の雰囲気の中にも伝統的な日本の心が共存する、

エレガントなお家に仕上がりました。