『はじまりは10年前、

初めて旅したヨーロッパがフランスでした。

モナコの丘の上から見た街並みは、あまりに素晴らしくて衝撃的でした。

カンヌ、ニースなどのコート・ダジュールを回り、プロヴァンス、エズへ。

南フランスからモンサンミッシェル、パリの周遊コース。

まさにこの旅こそがわたしの理想のお家の原点となりました。』

(奥さまの書き留める建築日記より抜粋)

 

リビングは素足で歩いて気持ちいい無垢フローリング。

天井には大きな梁を2本施し、木のぬくもりをそのままに残しました。

 

階段の手すりのアイアン飾りはオーダーメイド。

2階は子ども部屋と寝室、それから男の隠れ家。

パウダールームのドアは爽やかでキュートなブルー。

洞窟の様なアーチの先にはシャビーシックなバスルーム。

 

Rの下がり壁で上手に区切られたダイニングキッチンからは、

お料理をしながらでもリビングにいる家族を感じられます。

 

キッチンは解放感を保ちつつ上手にスペースを確保しました。

背面のカウンターやカップボード、冷蔵庫を綺麗に配置し、

見せたいものと隠したいものを上手にレイアウト。

細部まで丁寧にこだわった、理想のお家です。