古き良きものと出会う楽しみ

まるで洋書から抜け出してきたような、

クラシックなシャビーテイストを演出したお家です。

 

大好きなヨーロッパのアンティークたちが、

家や人と一緒に歳を重ねていきます。

ただ飾るだけではなく日常で使い込んでいくことが、

古き良きものと暮らす秘訣なのかもしれません。

 

お嬢さまたちのおもちゃが溢れる2階は、

ピンクの壁や空色のドアのメルヘンな雰囲気で、

まるでおとぎ話のようなストーリーを感じさせます。

 

奥さまが特にこだわったと言う、洗面台。

水栓金具などは奥さまが見つけて購入したものだそうです。

 

内部の塗り壁は敢えて真横に塗りの模様を残し、

ショートケーキの断面のイメージ。

白い無垢材のフローリングが、

年々やわらかく暖かみを増してきたそうです。

 

変わらぬものと新しいものが同じ時間を共有していく様子を、

これからも大切に見守っていきたいです。