「手に入れたくなる
空間があることが楽しい。」

はじまりは1枚の絵でした。

 

そこに描かれたヨーロッパの田舎の家は、

確かに完成した家とよく似ています。

 

年月を重ねる度に味わいを増し、

外から見て心地良い外観にこだわりました。

 

輸入住宅は、実は2件目。

「10年前と比べると性能も良くなり、

部材も手に入りやすく、価格も下がっています。

スタイルの幅も広がりましたね。」

 

2人で暮らす為の小さな家は、

アンティークの家具や小物を添えて、

建てた後にも手をかけています。

 

物置小屋からはじまって、

ウッドデッキ、収納、薪ストーブなど、

入居後にDIYしたものは数知れず。

 

それはまるで家と一緒に息をする感覚に近いのかもしれません。